まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

落合峠へ

今日の朝も寒かったものの(2℃!)とてもいいお天気。

風邪もだいぶ良くなったし、と子供達のお迎えの前に
主人とジャナと紅葉を見に行ってきました。



毎年この落合峠には紅葉を見に来ていますが、
見ごろは10月中旬でしょうか。

子どもたちはちょうどそのころ、保育所で
ここへ連れてきてもらっていて、写真を見たら
とってもきれいでした。

もう今日くらいになったら上のほうはだいぶ
葉が落ちてしまっていましたが、それでも
十分きれい。

1105k.jpg
いろ~んな色の木がありますね~。

ジャナを少し歩かせてやろうと車から降りると
ガサガサと音が・・。

下を見ると鹿が走って行くところでした。
そこにはけもの道のような感じで細い道ができていて
下に川が見えたので、行ってみることに。

落ち葉でふっかふかの道を降りて(滑って?)
見るときれいな川~。

1105k3.jpg
たくさんのあめごが泳いでいました。
まだ小さくてかわいかった~。

誰もいないきれいな川でし~ん、とした時間。
たまに鹿や鳥が鳴いて・・。

何ともいい時間が過ごせました。


祖谷で杉の木の植林が始まったのは40年くらい前のこと。

「自分が子どもの頃の祖谷は本当にきれいだった」と
よく主人が言うのですが、地元に住んでいる、しかも子どもが
覚えているくらいですから、本当にきれいだったんでしょうね。

山の上の方にはさすがに杉は少ないですが、ないわけでは
ありません。

1105k2.jpg
緑色の部分は杉です。

紅葉時期になると一目瞭然なんですよね、
ああ、あそこが土地の境目なんだなぁって。

杉を植えた人と植えなかった人の境目。

ちいおりのアレックス・カー氏はこの変わってしまった
祖谷の山を、’情けないパッチワークのようだ’←だったかな?
みたいなことを自身の本に書いています。

この緑色の部分がなかったら本当にきれいなのになぁ・・。
と紅葉を見るたびに欲を出してしまう私。

それでも山の稜線を眺めていると、でもやっぱり
祖谷は素敵だなぁと思うのです。

1105y.jpg
ところで話は変わりますが、今日はお弁当の日。

もちろん子どもたちが夢中なこれにチャレンジ!

1105b.jpg

・・う~ん。
ウルトラマンの口?なかった方がよかったかなぁ・・。
でも取ろうとしたら、もう張り付いていたんだよなぁ・・。

ポテトサラダの上に子どもたちの大好きなピグモンを
乗せました。

ピグモンってかわいいんですよね~。
人間の味方なんです。

子どもたち、喜んでくれました。
スポンサーサイト
[ 2010/11/05 23:21 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する