まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

祭り・・・再び

今度は秋祭りです。

0919k.jpg


これが終わると春までお祭りはないんですが。

今月は運動会などで忙しい上に、このお祭りに
3日も費やすことになります。

いばしあけ、といって公民館やお宮の掃除に1日
(短時間ですが)、お料理の仕込みに1日、
祭り当日、の3日間です。

お祭りも集落ごとに全然違うのですが、
前住んでいたところは、お当番が決まっていて
そのうちの人がお茶を出したり、お酒準備したり、
色々こまごまとしたことをするのですが、
お料理はいつも近くの旅館に頼んでいました。

当番以外の人は参加自由。
お参りをするだけの人あり、お宮に入って
飲んだり食べたりする人あり。
という感じでした。

しかし今住んでいるここは、地域行事には
全員参加!
しかも祭りはとても大事です。

料理も全部手作り。
みんなで公民館で家族のように「いただきま~す」と
食べて飲み、お話をするのが普通です。

0919r.jpg

これプラスおでん。

そして、おでんを作ってくれたとっても料理上手なおばさん
手作りのおだんご。

0919d.jpg


このあたりではご飯の前に食べたり、とてもだんごが日常的
に食べられているのですが、実は私ちょっと苦手・・・。

ところが!このおばさんのおだんごは大好き!
中は栗あんです。

私は和菓子がちょっと苦手なので、かもしれないけど
栗あんはこっちへ来て初めて知りました。

栗を砂糖であまく煮たものですが
とってもやさしい甘さですごくおいしいです。

このおばさんのおだんごは一口食べただけで
栗の香りがふわ~ん。
体までふにゃ~ん、となるようなおいしさです。


そしてまた新たな疑問が・・。
いつも祭りには神官さんと呼ばれる人が
来ることを夏祭りの時にも書きましたが、
この方はいつも同じ地元の方です。

現れるときはいつも私服。
そこで来てから何か神棚に祭る?みたいな
白い紙を切ったりして、さぁ、始めましょうか、
となるのですが、その前にお着替えタイムが
あります。

多分用意しようと思えば別室どうにかできると思うんだけど
いつも神官さんは神棚?の目の前、みんなの目の前で
着替えを始めます。

楽しく談笑しながら・・。

ズボンを脱ぐときとか「ああっ」と思うのですが
いつも、ももひき(こちらではバッチといいます)を
履いているので大丈夫でした。

今回は多分夏用?の薄いももひきをお召しになっていました。

みんなが座って飲んだり食べたりしているその前で
1人着替える神官さん・・。
けっこう私は驚いたけど、みんなまたしても気にして
いないようです。

そしてさんざん飲んだり食べたりしてからお参りに
みんなで向かいます。

前回は子供たちが寝てしまって私は公民館にお留守番
だったので、今回が初めて。

最初は大野山というところで。

0919o.jpg

明らかに傾いているんですよ、ここ。
それで「倒れたら弱るわ」と右側に細~い
つっかえ棒がしてあります・・・。

そして次はこの前、数珠くりをしたお宮。

お宮に行く途中の道で・・。
0919y.jpg

お参りの後、お宮でお茶を飲み、お菓子やおにぎりを
食べます・・(まだ食べるんかい!)

そして公民館に帰って、片づけをしておしまい!

疲れたけど、面白いですよね~・・。
ずっと昔から伝わっていること、大事にしたいですね。




スポンサーサイト
[ 2010/09/19 22:31 ] 地域行事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する