まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

弟くんの成長と平家祭り2016

今年もあとわずか。。
最近、その時は忙しくて書けなかったことばかりアップしているような気がしますが

弟くんが出させてもらった、平家祭りの劇のことを書きたいと思います。
どんな劇か、私が説明すると長いので地元ケーブルテレビの紹介文によると↓

祖谷十八人会は「平家落人伝説」を後世に残そうと、オリジナル創作劇に取り組んでいる団体で地元住民を中心に結成しています。
祖谷に伝わる平家落人伝説を元に安徳天皇の身代わりを務めた千代松や平家再興を願い祖谷に逃れた国盛と安徳天皇の絆を描いています。

ということになります
今年の演目は、「別離(わかれ)二つ」。

8月くらいにキャストを決め、それから10月の終わりの本番まで、週に2回
ずっと練習してきました。
弟くんは、安徳天皇と一緒に育てられ、最後には身代わりとして命を落とす「千代松」の役でした。

時は寿永2年…なので、難しい言い回しが多く、大丈夫かなと思ったのですが、さっさとセリフを覚え、
毎回練習に行くのを楽しみにしていた弟くん。
演技指導をしっかり受け止め、次の時には言われたことができるように、努力していました。
また演じることの楽しさを知ったようで、いつも堂々と、そして生き生きとして見えました。
極度のあがり症の母とは大違い

弟くんは、人からアドバイスをもらうのをあまり素直に受け入れられない場面がよく見られます。
それをちょっと心配していた私ですが、この劇に出て、素直にアドバイスを聞き、それに向かって一生懸命努力する姿や、自分で「ここはこうした方がいいんじゃないか」と考え、監督に提案するあたり、何だかとっても成長したような気がしました。

がんばって、上手にできて、褒めてもらって、達成感を感じている。
心なしか、弟くんの顔がキリッと大人っぽくなったような、そんな今年の平家祭りでした。

別れのシーンでは、沢山の方が泣いてくれたそうです。

弟くんがメインですが、写真です↓
興味のある方は…😌



1601023.jpg
変身前。
着付けもメイクもプロの方が来てしてくれます。

1601224s.jpg
あは!
笑ったらいけないけど、時代劇風⁈
まだ変身中です。

1601224z.jpg
並んでいる画がかわいかった、かつら。

1601224tj.jpg
そしてこんな高貴なお姿に。。
かつらの毛が乱れるといけないので、紙を巻いています。
村の子供役で同じく劇に出るお姉ちゃんと一緒に。

1601224m.jpg
本番前、かつらが後ろにずれて、自分の前髪がでてきてしまった。。
着付けのお兄ちゃんに「めっちゃおもろい髪型になっとるで」

1601224c.jpg
舞台裏にて。
これで写真はおしまい!

弟くんの晴れ舞台を見てみたかったけど、弟くん、風邪もひいていたし、とにかく
うまくできるように、そっとそばについていよう、と思い舞台から降りてくる度に
「上手だったよ、その調子!」と声をかけ、励ましました。

それが良かったのか、良くなかったのか、よくわからないけど、私にとっても初めてのことだったので私も必死でした。
励まし方とかも難しいな~って。
最近、「がんばれ」って言葉の使い方が難しくなってきたような気がします。
私なんかそう言われると単純にがんばるぞ~!って思っちゃうけど、受け取り方が人によって違いますしね。
プレッシャーかけすぎてもいけないんだろうけど、かといって、この場合ベストを尽くせばそれでいいってものでもないですよね~。
大事なのは見に来てくれた方に喜んでもらえるような劇をすること!だと思うので。
しかも一人ではできないことだから。
その辺の兼ね合いが。。

でもさすが、みなさん、それぞれベストの演技だったんじゃないかな!
たくさんの方に喜んでもらって、大成功だったんです。
本当によかった~。

地元のケーブルテレビに紹介してもらったものです。
興味のある方はご覧くださいね(音声ありです、ご注意を!)
https://m.youtube.com/watch?v=unNuQh708KM




スポンサーサイト
[ 2016/12/28 09:23 ] こどものこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する