まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

保育所デビュー

9月1日からいよいよ弟くんが保育所に通い始めました。

私の住んでいる東祖谷地区では、0歳児保育がなく、
2歳の誕生日が来たら入所できることになっています。

それでもみんなだいたい親と同居、または近くに住んで
いる人が多いので、じいちゃんやばあちゃんに
子供をみてもらって仕事に行くお母さんも多いです。

去年の今頃は私はフルタイムで働いていたのですが
とっても大変でした。

働きだしたとき、弟くんはまだ11カ月。
東祖谷ではもちろん保育所に入れず、
おとなりの西祖谷の保育所まで送り迎えしていたのです。

距離にして送り、迎えの往復で計70km・・。
時間は片道35分かかりました。

結局仕事もあまりに大変だったので
半年ほどで辞めてしまい、子供たちの遠い保育所通いは
終わったのですが・・。

今でもあの時のことを思うと涙がでそうになります。

朝早く起こして連れて行っているので
車で寝てしまう子供たち。

急いで迎えに行ってもいつも1番最後で迎えを
今か、今かと待っている子供たち。

帰っているあいだにだんだん外は暗くなって
家に帰り着くころには真っ暗。
やっぱり車で寝てしまう子供たち。

かわいそうな思いをさせてしまった、と親は思う
のですが、本当はどうなんでしょう。

保育所自体はとても良くて、本当に熱心に
みてくださって、お友達もたくさんできました。

子供たちそれぞれの心も成長し、色々な影響を
受けたことと思いますが、しんどくて寂しい思いをさせて
しまった、そのことと天秤にかけると・・・。

でも考えてみても本当のことはきっとわからないんでしょうね。


それで弟くんは保育所デビューと言っても
まったく初めてではないし、何回も一緒に遊ばせてもらってるし、
お姉ちゃんも一緒だし、大丈夫だろう、と思っていたのですが。

「かか~!!」←私のことです。
と大泣き。

こんな時は引っ張らないほうがいい!
「後で迎えにくるからね」と言って、足早に
立ち去りました。

「がが~!!ががぁ~!」と泣き叫ぶ弟くん。

この日はもう一人保育所デビューの子がいて
同じく先生に抱かれ「ママぁ~!!」と泣いていました。

先生ってほんと、大変ですよね・・。

しかしながら前もそうでしたが、母親の姿が見えなくなると
すっとあきらめがつくのか、すぐ泣きやんで普通に
遊んでいた、とのこと。

給食も8割方食べ、お利口にしていた弟くん。
休みだった主人が早めに迎えに行くと
家に着くなり、うんちをいっぱいしたらしいです・・。

緊張してたんだね・・。

こういうことがあると、やっぱり家でみてやったほうが
いいんだろうか、と思ったり
でも子供同士で遊ぶことはとっても大事だと私は思うので
これもいいのだ、と思ったり。

今更ながらいろいろ考えてしまうのです。














スポンサーサイト
[ 2010/09/03 00:03 ] こどものこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する