まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

懐かしいおはなし

無口な母さんになること2週間と少し・・・。
やっとポリープが小さくなり、このままでいけば大丈夫との診断!
まだ少し声はかれていますが、やっと筆談から解放されます。

やったぁ~、喋れる~。
あいうえお~!いろはにほへと~ちりぬるを~!

いろいろとご迷惑、ご心配をおかけした皆様、すみませんでした~。
調子に乗らないように気を付けます


さて、お姉ちゃんが1年生になってから、宿題に「音読」というものがありまして。
国語の教科書のお話や詩を読んで聞かせてくれ、親はそれがどうだったか
チェックする、というものです。

正しく読んだり、暗記したりするのはもちろん、早さや感情を込めて・・など
色々な工夫が必要となります。

そしてこの前からの課題が「ともだち」
140722t.jpg

これが出てきた瞬間、「なつかし~!」
このお話、私が小学生の時も教科書にありました!

140722.jpg
こども心に、このかえるたちの着ている服がレトロだなぁっていつも
思っていました
30年の時を越え、さらにレトロ!

自分が読んだお話を今、自分の娘が読んで勉強しているなんて・・。
何だか不思議でうれしい気持ちです。
それをお姉ちゃんに話すと、学校で本を借りてきてくれました。

140722k.jpg

これがけっこうおもしろいんです。
ちょっとわがままながまがえるくんと大きな心で彼を包むかえるくん。
二人の友情が全く飾り気なく書かれています

あと、やっぱり国語の教科書で印象に残っている物語があって、
くまが種がいっぱい入った袋をもって、草原をよこぎり、お友達のところへ行く
のだけど、袋に穴が開いていて、種が少しずつこぼれ、その種から花が咲く
というお話(確か・・・

調べてみたら「はなのみち」というお話だそうです。
お姉ちゃんの教科書にはありませんが、これも1年生で勉強したようです。
機会があれば、また読み直してみたいな、と思っています。
スポンサーサイト
[ 2014/07/22 23:24 ] こどものこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する