まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海洋堂ホビー館

この旅行ってひょっとして2日目の方がメインかも?
足摺岬も主人の行きたかった所ではありますが、主人はずっと
日本一へんぴなところにあるミュージアム、海洋堂へ行きたがっていました。

今までも主人手持ちの古いおもちゃをこのブログでも何回か紹介していますね。
少年の心を持つ主人にとってはあこがれの場所でしょう、2日目の目的地です。

その前にちょっと近くの水族館へ寄り道。

いろんな魚が泳ぐ、大きな水槽。
200707s.jpg
お姉ちゃん、目をキラキラさせて
「なぁ、おかあさんはどのお魚がいちばん食べたい?」

え!?そういう発想?
「う~ん・・いさき、かな?」となんとか答えた私。
「ワタシはどれにしようかなあ~♪」だって。

200707k.jpg
最近くらげって人気があるらしいですね、癒されるとかって

200707u.jpg
いつもの顔がこれって。こわ~い・・。
前の日、うつぼ料理を頂いたけど、あんまりおいしくなかったなぁ・・。

とても小さい水族館でイルカのショーとかもないし、魚だけで動物は
いなかったのですが、まだ幼い子供たちにはちょうど良かったようです。

そしていざ、海洋堂ホビー館へ。
途中、日本一の清流、四万十川沿いを走ります。

川幅が広く、まわりものどかな田園風景。
すごくいい感じです~。

走行中の車の中から撮った写真なので、ちょっときれいではないのですが。
200707a.jpg

200707h.jpg

若い時はよく本を読んでいた私。
野田知祐さんの本で読んだ、四万十川に来れるなんて思っても
みませんでした。

憧れて行ってみたいと思っても、そのころは海外の方に夢中だったし、
他にも何かあれば別ですが、四万十川を見るためだけに四国へ行くなんて
とうてい叶わないことのように思っていたのです。

私たちは車で川沿いを走っただけにすぎないけど、この川はもっと
いろんな素敵な景色をみせてくれるんだろうな、と思いました。

またいつかゆっくり回ってみたいです。
さて、日本一へんぴなところにある、というキャッチフレーズのそのまま、
海洋堂までの道は狭い祖谷の道を走り慣れている主人でも変な汗を
かくような、すごい道でした。

待避所のほとんどない、細~い山道を前から車が来ないよう祈りながら
進みます。

「いくらへんぴって言っても、本当にあるんだろうか?」
山道に入ってから、対向車にも後続車にも1台もあわないし。

よく、うちの前で遊んでいると
「あの~、落合集落の展望台ってこっちでいいんですか?」とか
みなさんとっても不安そうに尋ねてくるんですが、あの気持ちが
よくわかります~。

こんなんじゃ、きっとガラガラだね~、と無理やり前向きになって
いると、ちょっと広い道になり、ついに到着~。

・・・第2駐車場まで満車!しかもすごい人です!
200707d.jpg

出店もいっぱい出ていますよ~。

のどかな里山にいきなりすごい人混みでびっくりしました。
いつもはどうなんでしょうか、この日はちょうど、海洋堂に新しく「かっぱ館」と
いうのがオープンしたそうで、そのお祝いイベントみたいなのが行われていたのです。

記念についた、というお餅をたっくさん頂きました
地元の人たちでしています的な食堂でやっとお昼ご飯にありつきました。
200707c.jpg
地元でとれた野菜の素揚げをのせたカレー500円。
野菜が甘くてとってもおいしかったです。

200707f.jpg
こちらが海洋堂ホビー館。
廃校になった小学校の体育館を改造したものだそうです。

200708h.jpg
広場にたくさんの木の遊び道具が置いてあります。
木でできているのに、バイクとか車とかもちゃんと動くんです。

200708tj.jpg
大好きなチャンバラタイム。

200708k.jpg
入口。
きれいですね~。

200708j.jpg
さすが体育館、天井が高いです!
真ん中に大きな海賊船があり、中はおもちゃだらけ。

あんまりおもちゃの写真はないんですけど・・ごめんなさいね。
200708n.jpg
えっ、こんなところにも?っていう場所にもちょこっとおもちゃが
飾られていたりして、けっこう楽しめました。

子どもたちは私がみて、主人には一人でゆっくり見てもらおう・・と思って
いたのですが、いつもは「おかあさん」な弟くんが主人から
離れません。

最近ずっとそうですね、おもちゃとかテレビのことになると主人でなくては
ダメなときがでてきました。
さすが、男同士ですね~

それでも主人が満足げだったので、次にちょっと離れた場所にあるかっぱ館へ。

こちらは本当に河童がいそうな、田んぼに囲まれた川のすぐそばにありました。
200708f.jpg

全国から寄せられた、河童の作品がこれもたっくさん、展示されています。
200708a.jpg
子どもたちが怖がる、これも河童か?
ロドリンのゴラムっぽいですが・・。

200708s.jpg
さすがオープン当日、木のいいにおいがする館内。

200708g.jpg
私はこの河童が気に入りました。

200708d.jpg
トイレの洗面台も遊び心いっぱいです。

私たちは足摺岬の方から来たので、道中大変だったけれど、逆は
ちゃんといい道で、楽に帰ってこれました。

日本狭しといえども、実際には一生かけてもまわりきれないくらい、
いいところってたくさんありますね。
楽しい1泊旅行でした。

子どもの時、旅行に行くと楽しくて、帰りたくない気持ちでいっぱいでしたが
母は家に着くと
「やっぱり我が家が一番だねぇ」といつも言っていました。

そんな母の気持ちがよくわかるようになった、最近の私です。














スポンサーサイト
[ 2012/07/14 22:10 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。