まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

木こりな日々①

思えば去年の4月、うちの庭に生えている杉の木を切る!と
決めた主人が皮をむいて、早1年・・・。

皮の剥きたてはこんなにきれい!
0422k.jpg

だったのに・・。
1年経つとこんな風になります。
200524h.jpg
木の汁、ドロ~・・。

それでも杉の木は割と強いのか、皮を剥かれても葉っぱは緑のまま。
ところが檜は葉が茶色というか赤っぽく枯れたようになります。

200524n.jpg
右が杉、左が檜です。

心配症の主人は、今年は特に風が強いので、もし立ち枯れている檜が
強風で倒れたらどうしよう、と心配でたまらなかったようです。

ネットで調べても皮を剥いてから1年過ぎた頃が木の倒し時だそうで、
この前から庭の木を倒し始めました。

言うまでもなく木を切り、倒す作業はとても危険なことです。

多少の経験はあれ、私たち家族は主人がとっても心配で、
業者に頼んだら、と何度も言ってみたのですが、主人は
よほどのことがない限りは何でも自分でしようとする人なので、
「ダイジョーブ、ダイジョーブ」
と細めの木からどんどん切り倒し始めました。

チェーンソーの音が聞こえ出すと、心配でついベランダに出て
見てしまいます。
何か手助けを・・なんてそばに行ったりしたら余計に集中力を
削がれて危ないので、本当に黙って見守るだけです。

毎日終わるとホッとしていました。

最後の巨木3本を残して一段落したので注意を払いつつ、
子供たちと木渡り~。

200524k.jpg
「橋みた~い♪」


200524tj.jpg
大きな切り株の上でうれしそうな弟くん。
「かっこいいポーズして!」と言うと
200524j.jpg
・・・これってかっこいいのか?
しかも二重あごになってるし・・・。


お姉ちゃんにも言ってみると
200524t.jpg
う~ん・・タコ?
あまり変わり映えなし。。。

最後の巨木倒れる!はまた今度~。





スポンサーサイト
[ 2012/05/24 11:02 ] おうちのこと | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
[2012/05/24 12:06]