まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

ベニスンパイ

ニュージーランドにいた1年の間、やっぱり日本食が恋しかった
私ですが、逆に日本に帰って来てから恋しいと思うニュージーの
食べ物といえば・・・「ベニスンパイ」!!

ベニスンとは鹿肉のことで、まぁ、鹿肉パイとでもいいましょうか。
野生味のお肉が大好きな私にはたまりません。

ニュージーランドではガソリンスタンドはコンビニの役目も果たしていて、
レジの近くになんと言うのかホットコーナー?日本のコンビニでは肉まんとか
が入っているような、あんな感じでパイが売っています。

ガソリンスタンドにあるのはだいたいひき肉パイかチーズパイ。
あんまりおいしい!というものでもないけれど、長距離ドライブの最中とか
他にお店がない時とか、たまに食べました。

でも、ベニスンパイはガソリンスタンドにはないんですね~。
スーパーに行くと冷凍されたものが売っています。
あとはレストランやカフェで食べることができます。

いちど、ものすご~い田舎町にぽつんと1軒だけあるカフェに地元の人と
入りました。

そこで私はベニスンパイを注文。
本当に手作りのあつあつのパイにクランベリーのソースがかかっていました。
そのおいしさったら!もう・・・。

濃厚な鹿肉にさっぱり甘いソースがすっごく合っていて
今でも忘れられないくらい、おいしかった。

日本に帰ってきたら滅多に食べれないものだし、祖谷で生活するようになるまでは
鹿肉すら手に入りづらかったので、いつかまた食べれたらいいな・・・
という憧れの食べ物だったのです。

でも今は!鹿肉はもらったのがあるし、最近フードプロセッサーを手に入れたので
ついにつくってみました、ベニスンパイ。

200509v.jpg
でも調べてみてもレシピはあんまりなくて・・。
一番よさそうなレシピは鹿肉をミンチにするやり方でした。

パイ生地を焼いてから味付けした鹿肉を入れ、チーズを乗せました。
その上にパイ生地を乗せてまた焼きます。

200509k.jpg

このレシピ、鹿肉の味付け方しか載っていなかったので、パイを焼いたり
する部分は私が適当にしてしまって本当にこれでよかったのか・・?

私が食べたパイは、生地がもっと固くてパイというよりタルトに近いような
感じで、鹿肉は角切りでとろみをつけたソースとからめてありました。

またクランベリーが手に入らなかったので、ブルーベリーでソースをつくりました。

100%再現はできなかったけど、どうかなぁ・・?
ドキドキしながら食べました。

200509a.jpg

もちろんあのカフェの味には程遠いですが、ああこんな感じだった~と
いろんなことを懐かしく思いだしてしまうような味でした。

やっぱりパイ生地と鹿肉が合わさることでこの味になるのですね~。

初めて食べた主人もコレおいしい、とすごく喜んでくれました。
お姉ちゃんは「にくにくちょうだい~」と中身だけむしゃむしゃ食べていました。

パイだけじゃなく、ミートソースみたいにパスタやラザニアにしてもいいかも。
鹿肉は脂肪も少ないし、高タンパクで鉄分もいっぱい含まれていますよ~。

ニュージーでの宝物のような時間をこうしてたまに思い返す私です。

200509m.jpg

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する