まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

別れの季節

弟くんが引いた風邪が家族みんなに蔓延し・・
寝込むほどではないけれど(主人だけ寝込んでいます)
みんなお休みして家で休養しています。

それでも昨日はまだ潜伏期間だったためか、
校区の小学校の閉校式に参加することができました。

素直でかわいい子供たちが一生懸命で、校風がよくわかる
とってもいい式でした。

小学校で働いてみて、一緒に行事に参加し、この別れの季節には
色々思うことがあります。
私は教師ではないし、自分自身が人ごみのなかで育ったせいかも
しれないけれど、私にとっては新鮮なことばかりでした。

これって当たり前と思う地元の方も、そうでない方もよかったら読んでくださいね。




先日、働いている小学校で離任式というのがあって、今回の場合は
統合になる小学校に行く先生以外は、全員の先生が転出、ということになります。

この辺りは「へき地教育」に分類され、1番大きいうちの小学校でも全校児童が24名、
少ないところでは2名のところもあります。

だからとっても先生と子供たちのつながりが深いんですね。
今日の朝は何食べてきたとかそんなことまで話し、1日中一緒で、
ある意味家族のように、いや、それ以上の時間やいろんな体験を
共有することになるわけです。

先生方は児童のことを何でも分かっていることでしょう。

へき地の小学校に都会から配属される先生は、だいたい1~3年で都会に
帰っていきます。

子供たちは多少の違いはあれ、家族のように仲良く過ごしてきた先生と
ちょっとの時間で別れなくてはいけないのです。

子供たちは純粋で、先生と深くかかわってきた分、3月にはとっても悲しい思いをします。

離任式でも転出される先生方が紹介されると子供たちの何人かは泣きだし、
先生方が1人ずつ挨拶するころには全員がオイオイしゃくりあげながら泣いているんです。

私が小学生の時も離任式はありましたが、先生の数も多かったし、何しろ子供の数が
多いので、どうしても先生との関わりはそんなに濃いものではありませんでした。
用事や家庭訪問などで先生と面と向かって話すときは照れくさいくらいでした、普段
そんなに話す機会がないので・・。

昔担任だった先生が転出すると知った時はちょっと寂しい気分にもなりましたが
誰も泣いたりはしていませんでした。

子供たちはほんとうにこの世の終わりのような顔でわんわん泣くので
本当にかわいそうでこっちも心が痛みます。

でも・・
4月になると、忘れてはいないだろうけど、子供たちは案外ケロッとしていて
新しく来た先生方に人懐っこく話しかけ、さっそく馴染んでいるんですよね。

これを何回も繰り返していけるんです。
出会いもあれば別れもある・・当然のことだけど、実際に別れは辛いものです。

子供ながらこの辛い別れと出会いを毎年のように受け入れているんだ・・。
子供ってたくましいんだな・・。

ある意味、感動ですらありました。

私は臨時採用でパート職員だったので、小学校の統合に伴い4月からは
採用とならず、離任式では転出者という立場でした。

先生ではない私にまで「ありがとうございました・・」とヒックヒック泣きながら
お花をくれた子供たち。
寄せ書き、私のためにつくってくれたカレンダーなど心のこもったものも
いただきました。

120326h.jpg

卒業式も都会のものとはずいぶん違います。
卒業証書授与でほとんどの時間が使われる都会の卒業式とは違い
こちらでは発表の場でもあります。

卒業生と言っても4人とかですからね。
卒業生は卒業証書をもらった後、会場の観衆に向かって中学校での抱負を
堂々とマイクなしで言います。

それから卒業生の思い出をつづった暗唱、お別れの歌。
そのあと在校生からの長~い暗唱、お別れの歌。

卒業する6年生は
「暗唱がきちんとできるか心配で悲しみにひたるヒマありません」と笑っていました。

本当にすごいね、きみたちは。

うちの学校では、ですが、卒業する子たちの赤ちゃんの時から今までの写真を
保護者から借りたのでしょう、会場の大きなスクリーンで流していました。
名前の由来からこんな風に育ってほしいというメッセージとかも入れて・・。

お姉ちゃんや弟くんが卒業する時こんなことされたら・・・
うわ~ん母ちゃんはもう顔をあげられません!

どこで育っても一長一短、それぞれによかった面もあり、でもきっと悪かった面なんて
ないのかもしれません。
人間は生まれもったものに家族や環境、友達、いろんな要素によって
影響を受け、形成されていくのですね。
それが自分、なのですから。

ここを巣立っていく子供たちがどんな人間になるのかな・・?
いつかまた再会するのが楽しみです。


120326g.jpg
























スポンサーサイト
[ 2012/03/26 11:20 ] 思うこと・小話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する