まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

ニュージーランドの食器洗い

寒いです~、雪が降っています~。
でも今のところ、お水は凍っていません、だいじょうぶ

120217y.jpg

この前、お水がなくて洗い物が満足にできないとき、ふと
思い出しました。
ニュージーランドの人の食器の洗い方を・・。

上流家庭はちょっと分かりませんが、ニュージーおよびイギリスの
一般的な家庭では、私には考えられないやり方で食器を洗っていたのです。
最初はびっくりしましたね~。

私と同じように思った人も多いはず。
では紹介しますね。

まず、シンクの中を簡単にきれいにします。(これを省略する人もいますが)
それからシンクの中にお湯をためます。
お湯がたまったら、その中に汚れた食器と洗剤を入れます。

そしてそのお湯の中で食器をスポンジでこすり、汚れが取れたらそのまま水切りかごへ。

ええっ!なにか忘れてませんか?!
食器が泡まみれのままですよ~!と言いたくなりますが、これでいいのです・・。

お湯で薄まっているとはいえ、洗剤で洗った食器を流水でゆすがずに
乾かしてしまうんですね~。
水切りかごの中の食器からは泡がダラーっと垂れています。

油っぽいものを食べた時や、お皿に食べ残しがたくさんついている時などは
シンクのお湯はキタナ~イ色になっていて、油とか浮いているし、
そんな中でこすっただけで、きれいになっているんだろうか・・。

しかも泡つきのまま乾かして・・また食べ物を入れるのに体に害はないんだ
ろうか・・。

私はイギリスでホームステイをしていたことがあるのですが、そこの奥さんは
きれい好きで、食器を洗う時もものすごく洗剤を使う人でした。
だからシンクの中はあわあわ。

一度、ジュースを飲もうと台所に行ったら、ちょうど奥さんは洗い物の最中で
「これ使って~♪」と洗いたてのコップを渡してくれました。

もちろんコップは内側にも洗剤の泡がたくさんついたままで、私は「ううっ」と
思ったのですが、優しいそこのご主人が親切にもジュースを入れてくれたのです。

断れなかった私は思い切って、努めてフツーにそのジュースを飲んだのですが
やっぱりジュースというより洗剤のケミカルなお味でした。


それでも慣れというのは不思議なもので、共に生活をしていると
(ニュージーではフラットと言って、何人かで1つの家をシェアするのが
 一般的です。台所もお風呂もトイレも共有します)
だんだんそれが普通になってくるんですよね~。

洗い物の仕方の違いは何人かと話しましたが、みんな
「泡がついたままの食器を使ったって、病気にもならずに今まで生き延びてるわ」
という、おおらかな考えで、私も「郷に入れば郷に従え」かぁ、なんて思って
普通になじんでいたのです。

今はもちろん日本風の洗い方に戻っていますが、ちょっと思い出して懐かしい気分
になりました。
スポンサーサイト
[ 2012/02/17 23:07 ] 思うこと・小話 | TB(0) | CM(1)
まるで…
あの…バアバの洗い方そのもの~!
ひとつだけ…違うのは、汚れも落ちないまま…乾いていることです。
水切りカゴでもなく…そのへんに、ふせて?置いてます。あしからず
[ 2012/02/19 00:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する