まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。
月別アーカイブ  [ 2012年06月 ] 

子どもの好き嫌い

子どもの「食べ物の好き嫌い」に悩む親は多いと思います。

うちの子たちは好ききらいは少ない方だと思います。
特に保育所では何でも食べるらしくて、食べっぷりもいいので
うれしい!と給食の先生に喜んでいただいているようです・・。

でもうちではお皿に取ってやって、何度も食べるように勧めないと
野菜にはほとんど手をつけないことが多いですね。
2人ともキノコ類、特にシイタケが苦手で、保育所では
がんばって食べている、とのことですが家では絶対
手をつけません。。

あんまり気にすることでもないのですが、もう少し色々食べて
もらいたいなぁ・・。

私が「食」に興味があるというのもあるし、やっぱり子どもには
バランス良く食べて、健康で大きくなってもらいたい!という思いが強いです。


ずっと前の職場に「食べることが面倒くさいんです」と言う若い女の子が
いました。
「噛む」ことも食事に時間を取られることも面倒、だそうなんです。
(ちょっと言ってみたいかもと思う食いしん坊の私・・)

その子はとってもかわいい子だったのですが、食事をほとんどとらないせいで
当然すごく痩せていて、笑うとおでこの骨が浮き出て、大きな目が余計に
ぎょろっとした印象を与え、私はあんまり魅力的じゃないなと思いました。

また同じく「噛む」ことが面倒で、アイスばっかり食べていたので入院して
しまった、という若い女の子もいました。

1日3食、一生続ける生きるための営みですから、どうせだったら
食べることが好きな方が人生楽しいと思うし、健康が一番!

最近、子どもの食育的な本を2冊読みました。

1冊はマクロビオテック的な調理法で子どもに野菜を食べてもらおう!
みたいなもの。

もちろん砂糖、だし、お肉などを使わずにシンプルに作れました。

ニンジンのひたすら炒め(味付けは塩のみ)
しいたけそぼろ(ひき肉かと思いきや、椎茸と厚揚げです。味付けはしょうゆのみ)

これに子どもたちの好きなニラ玉を合わせ三色丼にしてみたのですが~。
200623g.jpg

大・大・大不評!!
2人ともニラ玉しか食べないんです~

しかもこの日は、お腹も空いていたはずだし、他にはウドのきんぴらなど
子どもたちが食べないおかずしかないのに、一向に食べてくれない~。
結局どうしても食べれないというので仕方なく上からカレーをかけて
食べさせました・・。

しかしこの本にですね、「野菜炒めの肉ばっかり食べないで野菜も食べなさい
なんて言ったら好き嫌いをつくっているようなものです」とか書いてあるんです。

・・・言って何がいけないんでしょうか?当然のことだと思うのですが。

最近は「食事は楽しいもの」と思うことが重要で、子どもの嫌いなものを
無理やり食べさせることはしないような感じになってきています。
その分、調理法や盛り付けで工夫をする、というやり方が色々紹介されていますね。

工夫はいいけれど、そんなにまで気を使ってあげないと子どもって
ストレスに感じるものなのか?って疑問に思う時があります。

私が子どもの頃は、おうちでご飯を残したら席を立たせてもらえない、なんて
お友達はいっぱいいました。
昔のことを言っても今にはあてはまらないとは思いますが、最近の子どもは
ストレスが多いから・・・う~ん、私にはよくわかりません・・。

200623t.jpg
「最近ストレスたまってんだよね~。」

200623j.jpg
「ほんと~。」




スポンサーサイト
[ 2012/06/23 22:28 ] こどものこと | TB(0) | CM(0)