まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

宣伝させてくださいね

鹿が「ピィ~」と鳴いています。
お相手を探しているのですね~。
我が家のすぐ上で聞こえるときがけっこうあって、どきどきします。

前回、「地域活性化に身を捧げるかも」と書いてから、
周りの親切な方々が心配して連絡をくれたりして・・申し訳ない!

結局、今は、身を捧げないことにしましたのでまたの機会にがんばります。
でも、自分でできることはコツコツしていきたいな、と思っています。

さて、お姉ちゃんが劇の練習に行っている、と以前に書いたのですが、
通し稽古というのか、公開練習がありまして、新聞にも載りました。

141022.jpg

お姉ちゃんは、一瞬しか出ない、エキストラ的な役なのですが、まぁまぁがんばって
います。(というか空き時間にお友達と遊べるのがうれしくて張り切っている
141022t.jpg

それより何より、スタッフの方々「祖谷十八人会」がとっても頑張って下さっています。
毎年のことですが、身を粉にして頑張っています。

祖谷平家まつりのチラシ ↓
http://www.awanavi.jp/docs/2013091300025/

他にもいいところ、いっぱいあります。
木々も色づき始めています。
ぜひ、見に来てくださいね♪
141022y.jpg
スポンサーサイト
[ 2014/10/23 00:05 ] 地域行事 | TB(0) | CM(0)

ちょっと遅かった雪

今朝起きるといきなり10cmほどの積雪。

この雪、もう少し早かったらよかったのに・・・というのは
日曜日、全国小学生雪合戦大会が祖谷であったからなのです。

本当に今年は全然雪が降らないし、暖かかったため、
雪合戦会場にも雪はなく、近くの山からトラックで雪を運んで
開催されました。

朝の会場はこんな霧。
200123k.jpg

気温が高い証拠ですね~。

200123d.jpg

去年に引き続き、知っている子たちを応援しよう!それに
主人も今年は雪玉作りを頼まれていたので、家族で行ってきました。


Read More

[ 2012/01/24 20:45 ] 地域行事 | TB(0) | CM(0)

最後の運動会

働いている小学校の運動会も終わり、jazzも終わり
やれやれ・・・・。
とつい思ってしまうのですが、自分の子供たちの運動会が
まだ終わっていません。

今度の日曜日がうちの子たちの運動会です。

9月の終わりにするはずだったのですが、延期になったのです。

運動会の前々日、ある方が亡くなられたのですが、
その方は地元の土建会社社長、元村長さんでした。
それでその会社関係、親戚関係、交友関係が広いため、
運動会と同じ日になった葬儀に参列する人がものすごく
たくさんいる、ということで運動会を延期したのです。

田舎の運動会は児童、保護者だけではできません。
地域の方々の協力が欠かせないのですが、その地域の方も
参加できないとなると・・。

来年小学校が統合されて、1つになるため、どこの小学校も
最後の運動会を成功させたい!という思いも強いでしょう。


私の働いてる小学校の運動会も気合い十分で行われました。

最後ということで、記念に、風船にメッセージを書いたハガキをつけて、
みんなで飛ばしました。

201005f.jpg


風船は勢いよく、ではなく何だか頼りなさそうにふわふわ上がって
行ったので、この険しい祖谷の山を越えられるのだろうか・・
と思っていたのですが、びっくりするくらい遠くまで飛んで行った
ものもあったのです。

メッセージに「これを拾った方はご連絡ください」と書いてはあったけど
本当に電話や手紙をくださる人がたくさんいます。

四国内はもちろん、なんと岡山県や鳥取県からも。
台風もきていたのに10日以上あとに見つけられた風船も
ありました。

すごいですね~、何だか感動してしまいます。

どの方も「閉校になるのは残念ですね」と書いてくれて
ありました。

運動会当日、卒業生だという55歳の女性とお話ししました。
その方はもう地元を離れて遠くで暮らしているけど、
母校の最後の運動会だと聞いて1人でやってきていたのです。

その方は「鼓笛隊の演奏を聴いて、子供のころを思い出し、
じーんとしてしまった」と言っていました。

そんなこともあって、閉会式のとき
「ああ、もう本当に最後なんだ、ここで運動会が行われることは
 もうないんだ」と思ったら、私も1年半しか働いていないけど
何だかとっても寂しくなってしまった・・そんな運動会でした。

きちんと並んで先生の話を聞きながら、きっと子供達も
”最後だ”と感じ、いろんなことを思っていたでしょう。

そんな顔をしていました。

201005s.jpg
*写真は、人のことは驚くほどたくさん撮るくせに
自分は撮られるのが嫌い、なピアノ調律師Nさんから
いただきました。


















[ 2011/10/05 16:14 ] 地域行事 | TB(0) | CM(0)

Funeral

最近はこの辺りでも、身内の方が亡くなったら町のセレモニーホール
などでお葬式をする方が増えてきたみたいですが、
昔は家でお葬式をするのが普通でした。

先週、近所の方が続けてお2人亡くなり、両家とも、
家でお葬式をする、とのことだったので、お手伝いに
行ってきました。

最初はびっくりしたのですが、亡くなった方のご遺体が
町の病院などから家に帰ってくるまでに、親戚の方や近所の人たちが
その方の家に入って準備をしておきます。

亡くなった方を寝かせる布団を敷いたり、掃除をしたり、
お茶やお菓子、食事の準備。
家族は当然ご遺体と一緒に帰ってこられるので、家族以外の
人間が家に入らせてもらうのです。

自分がいないときに家族以外の人がうちにはいってきて、
うちの台所でご飯を作ってくれる・・考えると、
「きちんとお掃除していないと恥ずかしい!」と
私などは思ってしまうのですが、やっぱりそれは昔ながらの
親戚や近所の信頼感によるものなのでしょう。

それってとてもすごいことだと思います。

こちらでお葬式をする場合、式はその家でするのですが、
家族や親戚、近所や知り合いなど、式に参列する人たちは
その地域の公民館で式の前にご飯を食べるのが普通です。

そして式が終わったら親しい人たちは火葬場へ。
火葬場から帰ってきたら、「おむいか」と言って
また家でお経を唱えてもらい、またご飯を食べます。

それでおしまい。

そこで同じ集落の人たちはみんな総出でお手伝いをします。

男性チームは、式の準備、受付。
ご飯を食べに行く人たちの家⇔公民館の送迎、
家⇔火葬場への送迎など。

女性チームは、おもにご飯のお世話。
公民館と火葬場、場合によってはその家、の3カ所に分かれ
食事のお世話をします。

今回は近所のおばあちゃんが「こんなこと今までないな~」と
言っていたのですが、続けてお2人亡くなったので、式が2日続き、
準備も入れて私たちは3日間、仕事を休んだりして朝から晩まで
お手伝いをしたのです。

とっても大変なことですが、残った遺族は亡くなった方のことを
思い、家でお葬式をしたかったのでしょう。
亡くなる前まで「帰りたい」と言っていたその人のために・・。
だからみんな一生懸命お手伝いするんです。


先に亡くなった方は、ちょっと知っているくらいでしたが、
いつもにこにこしているかわいいおばあちゃんでした。

後に亡くなった方は、お隣でうちのばあちゃんとも親戚にあたり
とてもよくしてくださる方でした。

当然、同じ集落だったのでお祭りのときなどは一緒に公民館でお手伝いを
しましたが、とっても控えめな方で、みんなが気付かないところや
トイレ掃除などをいつも率先して、してくれていました。

そして今回、私は公民館でトイレ掃除をしながら、最後の秋祭りの時も
2人でトイレを掃除したなぁ、と思いだし、
もう会えないんだ、と急に悲しくなったのです。

どこでしてもそうかもしれないけれど、家族は大事な人が
亡くなったことを悲しんでいるひまはないくらい、
式やその他のいろんなことでバタバタします。

このバタバタが終わったら、どっと悲しみが押し寄せてくるし
そう簡単にこの悲しみは癒えるものではないけれど、
お葬式ってこの悲しみを一瞬でも忘れさせてくれる・・・
死者を弔うことはもちろんだけどそんな意味合いもあって
お葬式はあるんじゃないだろうか・・。
なんてこんな時は思うのです。










[ 2011/05/01 06:19 ] 地域行事 | TB(0) | CM(0)

栗枝渡祭り

栗枝渡→くりしど、と読みます。

今の家に引っ越す前はこの栗枝渡という集落に
住んでいました。

特に主人は産まれたのもここだったので
栗枝渡の八幡さん(八幡神社)の氏子と言われています。

0923h.jpg
八幡さんから。。
彼岸花がたくさん咲いていました。


今のこの家に引っ越して集落は変わりましたが
「栗枝渡のお祭りには来てよ」と言われていたので
仕事の後、子供たちを連れて行ってきました。

栗枝渡祭りは、祖谷の中では結構大きなお祭りなんでしょうか。
毎年、県内外からカメラを持って写真を撮りに来る人や
観光客を見かけます。

0923k.jpg
太鼓と鐘をたたく男の子たち。
うちの子供たちと仲良しさんばかりですが、
このメイクに驚いたのか、弟くんは嫌がります。

この祭りの目玉は毛やり。
重さ10kgくらいある、先に毛のついた長~いやりを
持って踊ったり、他の人に投げたりするんです。

あとはおみこしあり、子供たちの乗っただんじりあり。
天狗さんもいます。
0923t.jpg
「んが~!」
娘の撮った天狗の写真です。

毛やりパレード始まりました。

0923k2.jpg
 
 ↓

0923k1.jpg

大変です、重そうです。

これを繰り返しながら、練り歩くのですが、
最後のおみこしがでたところで、急に雨。

雨はどんどん降り出し、すぐに土砂降りになりました。

そこで全員撤退~・・。

5分にも満たないパレードとなりました・・。
残念・・。

0923a.jpg
ものすごい雨。

終わってから体操着に着替えた男の子。
「今日はその顔でご飯とか食べるの?」と聞くと
帰ったらすぐ顔を洗います、とのこと。

人懐っこくてかわいい子ばかりです。
0923y.jpg

うわさの神官さん。
0923s.jpg


どこもそうでしょうが、人口が減ったのと、
お年寄りばかりになったので、この祭りも
だんだん規模が小さくなり、以前は女の人は
パレードには参列できなかったのに、今は
人数が足りないので、はっぴを着て参列しています。

おみこしをかつぐ人たちも別の集落の人に頼んで
来てもらっているんです。

いつまで続けられるか・・・とお祭りのときは
いつもそんな話がでます。

この前も書きましたが、こういうの、守っていきたいです。
そのためにどうしたらいいか、考えているところです。










[ 2010/09/23 13:56 ] 地域行事 | TB(0) | CM(1)