まいにちいろいろ

秘境で暮らす私の、てづくりとまいにちいろいろ。

そろそろ

書かなくてはいけないな・・と思っています。
にわとりのリンとココがもういないことを・・。

今年に入ってすぐのことでした。
餌をあげに行ったら、いつも私の足音で金網に体をこすりつけてうれしそうにする、
2羽の姿が見えませんでした。

その瞬間、嫌な予感がして、走り寄ろうとしたけど、すぐ足が止まってしまいました。

茶色の毛の山が二つ、見えたからです。
リンもココも、イタチにやられてしまったのです。

鶏小屋は、主人がきちんと考えて、外からイタチが入れないように十分な備えをして
作ってくれました。
でも、半年前ほどから、地盤自体が少しずつ下がっている影響で、小屋が傾き、一部に
細い隙間ができ始めていたのです。
私はそれに気づいていました。
でも直してもらうにも主人も忙しいし、イタチがそんな細い隙間からは入ってこないだろう、と楽観的に考えて、そのままにしてしまっていたのです。

リンとココの変わり果てた姿をみて、すぐに「私のせいだ」と思い、涙が止まりませんでした。
「ごめんね、ごめんね」と何度も呼びかけました。

主人は自然ではこういうこともあるよ、と励ましてくれましたが、リンとココはペットです。
ペットを守るのは飼い主の義務です。

逃げ場のない小屋の中にイタチが入ってきて・・どんなに怖い思いをして
痛い思いをして死んだかと思うと、かわいそうで本当に「ごめんね」しかでてきません。

まるまるとして、きれいな茶色の毛の、かわいかったリンとココ。
いつも私たちの後をついて離れなかった、あんなにかわいい2羽が、
ふわふわのまま、どさっという感じで横たわり、動かなくなっていたあの姿を
いまでも忘れることができません。

子供たちもびっくりはしたようですが、泣いたりしませんでした。
しばらくはかわいそうだと言っていましたが、またひよこが欲しいと言い出しました。

でも私は、もうにわとりは飼いたくないです。
小屋を直して、順調に育てられたとしても、リンとココを死なせてしまったことを
にわとりを見るたびに思い出してしまうと思うからです。

最近、やっと写真を飾れるようになったけど、写真をみてもやっぱり「ごめんね」しか
でてきません。
いつか、リンとココと過ごした時間を懐かしいと思うことができるのでしょうか。

忘れずに生きていこうと思っています。
140704.jpg









スポンサーサイト
[ 2014/07/04 22:00 ] ペット | TB(-) | CM(0)

たまごの話

今日から新学期ですね。

しつこい風邪に見舞われた子どもたちもすっかり元気になり、
元気に保育所へ登所しました。

思えば、お姉ちゃんひょっとしてマイコプラズマだったのか・・・?
症状を調べるとぴったりだし、最後に行った病院で
「もしかしたら・・も考えてマイコプラズマにも効く抗生剤に変えます」
と処方された薬を飲んで2日目に熱がひいたんですよね~・・。

たまたま治る時期だったのかもしれないけど・・。
まぁ、とにかく元気になってくれて本当によかったです。

そうそう、今日から新しい保育所なんですよ。
小学校は4月に合併しましたが、保育所は一足遅れて9月から。

送って行ったときに中をみせてもらったけど、きれいな保育所です~
↑当たり前ですね・・。
明日入所式があるのでまたその時に色々見せてもらおうと思います。

さてさて、先日いつものようににわとり小屋に行くと、ココちゃんが
卵を産んでいませんでした。

リンちゃんはたま~に産まなかったり、遅い時間に産むことがあるのですが、
ココちゃんが産んでいなかったのは初めてでした。

そして次の日、小屋へ行ってみると、ココちゃんの所にすごく大きいたまご!
殻の色が薄くて、いつもよりかなり大きい。

「・・・これ、ココちゃんが産んだの?」
あひるの卵くらいあります←分かりづらい??

200901u.jpg
「うお~・・わたしでも持ち上げられないくらいだ~・・・」

いつものと比べるとこれくらい違います。
200902.jpg


主人が言うには
「前の日出なかった分がいっぺんに出たんだ、きっと黄身が2つあるぞ」
割ってみると
200901b.jpg
あ~!やっぱり2つだ。

なかなか出なかった、便秘?たまご。
こんな大きいのをだすの、苦しかったでしょうね~、ココちゃん。

でも「やればできるんだから、毎日こんくらいの産めよなぁ」
と容赦ない主人。

今の時期は気温が上がらないうちに早めに卵を取りに行っています。
逆に冬は卵が凍らないか、心配だったのですが、マイナス10度までは
卵は凍らないんだそうです。

いくら寒いうちでもそこまでは気温が下がらないので、ほっとしました。

ひょんなことからニワトリを飼い始めた私たちですが、なんだか変に
色々な知識が増えてきて、たまにおかしくなるときがあります。






[ 2012/09/03 15:24 ] ペット | TB(0) | CM(0)

にわとりのこと

ずうっとなかなか書く機会というか、書く気持ちが立ちあがらなくて
伸ばし延ばしになっていたのですが、実は新しく飼いだした2羽のにわとり、
1羽が死んでしまったのです。

リンちゃんの小屋に移してわずか3日で・・。

主人がつくった鶏小屋はきちんと調べて、スペース上、4羽まで飼えるような
大きさなのですが、にわとりの習性?それともたまたま?いまだに分からない
ままですが、リンちゃんが新しいニワトリを殺してしまったのです。

一緒にした当日は2羽の新しい鶏がリンちゃんのとさかや体をつつきまわし、
リンちゃんの方が心配なくらいだったのですが、次の日は普通に仲良く餌を食べていたので
特に心配していませんでした。

ところが次の朝には割と気の強かった方の若い鶏が死んでいたのです。
さらにリンちゃんは、残った1羽にも攻撃をしており、若い鶏は鳴きながら
逃げ惑っていたのです。

すぐにその鶏を別のケージに移しました。
完全に怯えてパニック状態でした。

はっきりとは分からないけど、卵を産むのはリンちゃんだけだから、
卵を守ろうとしたのかなぁ・・と主人と話しました。
そしてこのことは子供たちには秘密にしよう、と。

子どもたちは鶏に1羽ずつ、名前をつけてかわいがっていました。
どんな理由であれ、リンちゃんのせいでその鶏が死んだと知ったら、
リンちゃんを憎むようになるでしょう。

それはみんなにとって悲しいことで、嘘をつくような形になりますが
同じことを繰り返さないために動物の習性を知ることが大事であっても、
今でなくてもいい、と考えたからです。

子どもたちには「どうしてかわからないけど、多分小さいから病気で死んだのかも」と
伝えました。

主人が鶏小屋を仕切るドアをつくってくれて、今は1羽ずつ、快適に
暮らしているようです。
それと変わったのは、若い方が少し堂々としてきたことでしょうか、
それはきっと卵を産みだしたからかな、なんて思います。

掃除のときに2羽一緒に外に放しても、つついたりしなくなりました。
お互い毛づくろいというのか、羽についている虫とか、砂とか、
そんなものをくちばしで取ってあげている姿をたまに見れるようになりました。

新しい鶏の名前は1羽が死んだ時、新しく考え直し、「ココ」に
決まりました。

200720.jpg

リンちゃんとココちゃん、いつか中の仕切りをはずして一緒に仲良く
暮らせたらいいな、と思っています。








[ 2012/07/20 14:00 ] ペット | TB(0) | CM(0)

忘れられないように・・

久しぶりにリンちゃん&クロちゃんの近況報告です~。

いりませんか?

でもね、リンちゃんかわいいんですよ~。
えっ、クロちゃんは?と思うかもしれませんが、彼は相変わらず
全くなついてもくれず、ちょっとでも近づこうものなら大暴れ。

ニ度ほど小屋の外に出てしまい、捕まえるのに苦労しました。
一度は下の川まで逃げて行ったので、断崖絶壁をロープにつかまって
上り下りし、やっとのことでクロちゃんを捕まえた主人は
「次はもう放っておくけんな!」とご立腹。

お姉ちゃんが「どうしよう、クロちゃんが~」とオロオロするので
仕方なく捕まえただけ、という感じです。

しかも朝コケコッコーと鳴いているだけかと思ったら毎日午前2時半ころから
鳴いているそうなんです。。
すごい迷惑・・・。

お姉ちゃんには絶対聞かれたくない夫婦の会話。
トト「卵も産まない上に近所迷惑なだけじゃなぁ、あいつ」
ハハ「そうだよねぇ、全然なついてくれんし~、かわいいって思えん」
トト「リンは一羽でも卵産むんだし、いらんよなぁ?あいつ」
ハハ「タダメシ食わしよるだけじゃわ」

2人「・・食べちゃおうか?」
トト「唐揚げとかにして♪」
ハハ「あっ、私、ローストチキンつくってみたかったの~。詰め物してさ」
トト「お~、それうまそう~」

・・ごめんね~、お姉ちゃん。

小屋を掃除するとき、クロちゃんは別のカゴへ苦労して入れます。

200512n.jpg

ジャナは上につないでおいてリンちゃんは庭に放しておきます。

せっかく自由になったのだから遊びに行けばいいのに私が小屋の中を
掃いていると、リンちゃんも中に入ってきて、私の靴ひもをひっぱったり
するんですね~。
「せっかく掃除してるのに~、ウンチしないでよ~。」

餌入れを洗っていても横にきて私が持っているスポンジをつんつん
してみたり、そばを離れず、とにかくかわいいんです~。

200512r.jpg


主人はよくバナナをちょっとだけ食べてその辺に放っておきます。
そして充分時間が経ったのを見計らって、
「あ~、もう茶色ぅなっとるわ、リンにやろうか~」と言ってリンちゃんに
よくあげています。

リンちゃんはバナナが大好き。
かといって、ニワトリにバナナをあげるのはもったいない、と私に怒られそうだから
わざとバナナをほったらかしにして茶色くして、仕方ないから、と口実をつけて
あげているのです。

子どもにも甘いけど、ニワトリにも甘い!

と言いつつ私も一生懸命集めたリンちゃんのおやつ。(タダだけど)
110517k.jpg

前に書きましたがこの辺は雨が降ったりすると沢ガニがいっぱいでてきます。
リンちゃん、大好きなんです、このカニが。

カニは道路にいっぱいでてきて車に敷かれたりしていて
もったいない(かわいそう、でしょ、普通・・)からわざわざケースを持って
行って捕まえてくるのです。
上手に食べるんですよ~。

お姉ちゃんも草をあげたり、せっせとみみずや幼虫を捕まえてやって、
ヒナに餌を運ぶ親鳥のように、みんなリンちゃんをかわいがっているんです。

でもなついてくれなくても、お姉ちゃんと弟くんはクロちゃんも家族の一員だと
思っているんですね。

クロちゃんのローストチキンは一生食べられなそうです



[ 2012/05/17 12:35 ] ペット | TB(1) | CM(0)

ちびジャナ

飼い主バカ(親バカ?)ですみませんが、この前、
写真の整理をしていたら、我が家のジャナさんが
子犬の時の写真がでてきました。
201105j.jpg

きゃ~!!かわいい~!
黒目がち~。

こんなのいたら仕事に行けなくなっちゃいますね~。
かわいすぎる。

ま、今もかわいいんですけどね。
とっても美人だと思いませんか、ジャナさん
飼い主バカはほどほどにして、今日のごはん。

201214g.jpg

肉だんごとチンゲンサイの煮もの
かぶのサラダ
里芋ときのこのお味噌汁(子供たちがついたお餅入り)
野沢菜漬け(ばあちゃんのてづくり)

野菜はほとんどがばあちゃんが作ってくれたものです。
ありがたいですね~。

最近、子どもたちは家でも野菜を食べるようになってきました。
野菜を食べてくれるのを見るとほっとします。

でもキノコだけはなぜか嫌いになってしまって、間違って口に
入れたりしたら、弟くんは「オエッ」と言って涙目になっています・・。







[ 2011/12/14 15:05 ] ペット | TB(0) | CM(0)